対面パーソナルコンサルティング

株式会社つくるひと代表「小野ゆうこ」が個別の課題解決をサポートします

旅のテーマはあなた次第

  • 新規事業を開発したい!
  • お客さまへのコンサルを改善したい!
  • オリジナルカリキュラムをつくりたい!
  • 起業したい!
  • 事業メニューの整理をしたい!
  • 会社での自分のポジションを確立したい!
  • 人間関係の克服のための自分の棚卸しをしたい!

※過去のイノベーション・ジャーニー参加者(トラベラー)が実際にテーマにしてきた例です。

コーチング、コンサルティング、または経営者。変革を担う専門家は、自分の考えに異なる視点や新たな思考刺激を求めるものです。しかし、クライアントや従業員に相談することは難しく、たとえふさわしい人がいたとしても、素直に話すことがままならないのではないでしょうか。
10年間550以上のプロジェクト開発に携わり、課題解決の体系化、構造化、共通言語の構築を得意とし、対応力、解決スピード、瞬発力で高い定評があり、開催する講座の顧客はすべてコンサルタント、経営者で占められる「コンサルタントのコンサル」と呼ばれる小野ゆうこが、変革を担う専門家のために支援を行っています。
あなたのクライアントとともに、あなたがより良い価値をつくり出す、そのイノベーションの旅をガイドします。「ガイド」という立場に徹するのは、経験のなかで次の3つを実感してきるからです。

  • ベストな解決策を押し付けても解決しない
  • 解決策は往々にして問題自体の中にある
  • 解決策は常に自分(顧客)の中にある

本当に問題を解決するためには、問題を抱える人自身が自分の思考の枠組みやその限界を理解し、枠を破ることが必要です。
自分自身で気づくこと。このためにあなたの要望に応じてもっともふさわしいアプローチを瞬発に提案し、より良い解決への旅路をともにします。
あなたの解決力を引き出す、内発を設計し、ひらめきを与える。それがマスターガイド、小野ゆうこの役割です。

セッションメニュー

単発セッション 定期セッション 6か月集中セッション
全1回の1対1対面セッションです。
その場で、断片的にでも自分の不安を解消したい人向け。事前に必要な資料を共有したうえでセッションに臨みます。
3か月に1回、全4回の1対1対面セッションです。
1年間で定期的に相談する機会を設けることで、携わっている現場を通じ自己成長を図りたい人向けです。進捗の流れを見ながら、その場に応じた対応策を相談したい経営者やコンサルタントが継続して活用しています。
月1回6か月間、全6回の1対1対面セッションです。自社や自己の課題解決に向けて行う、集中セッションです。新規事業開発に活用される経営者、オリジナルメソッドを開発したいコンサルタントが活用しています。
・クリエイティブな視点がほしい
・もやもやした感じを解消したい
・行き詰まりを打開する発想がほしい
・本当にこれでいいのか不安解消したい
・もっとより良い方法を知りたい
・自分の捉え方以外の視点がほしい
・具体的な打開策を練りたい
・起業したい
■コーチ/コンサルタント
・成長する指導をしてもらいたい
・都度発生する課題を相談したい
・具体的な思考ツールがほしい
・抱えている案件の相談がしたい
・お客さまへのコンサルの質を高めたい

■経営者
・都度発生する課題を相談したい
・現状改善の具体策を確認したい
・人間関係を整えたい
・経営者として成長指導をもらいたい
・気づけない不安要素の指摘がほしい
■コーチ/コンサルタント
・お客さまへのコンサルの質を高めたい
・現状打開のための自分の棚卸しがしたい
・自分のポジションを明確にしたい
・具体的な思考ツールがほしい
・抱えている案件の相談がしたい

■経営者
・事業ドメインを絞りたい
・新規事業を立ち上げたい
・組織の行き先を鮮明に描きたい
・既存事業の改善を図りたい
・社内の仕組みを整えたい
全1回70分 個別セッション:3か月1回70分/全4回 個別セッション:月1回70分/全6回
初回10万円(税別) 9万円×4回=36万円(税別) 月額固定10万円×6回=60万円(税別)
※初回申込み時のみ、永久会員費5万円(税別)が別途発生します。

ガイドは経験豊富な「コンサルタントのコンサル」

株式会社つくるひと代表「小野ゆうこ」があなたのイノベーションの旅をガイドします

株式会社つくるひと 代表取締役
デキル。株式会社 代表取締役
小野ゆうこ

日本大学大学院藝術学研究科修士課程修了
明治大学サービス創新研究所 客員研究員
一般社団法人ブランド・バリュー協会 顧問

企画コンテンツ開発会社で事業開発ディレクションを経験後、2006年、株式会社つくるひとを創業。問題解決力が認められ、商品、サービス、事業開発、業務プロセスの改善や新規事業開発の「現場」に関わる。売上高2億〜7,700億円規模の組織、業種業態を問わず、創業以来600を超えるプロジェクトに携わる。10年間で延べ3万人の現場会議をファシリテートし、現状打開や問題解決の現場を経験。

情報分析提案型のコンサルティングではなく、現場のプロジェクトメンバーの個人成長と集団組織の発展を常に後押しするセッション型のコンサルティングスタイルを貫き、人の「考え方」や対話を「デザイン」することに注力し、組織内コミュニケーションから価値を作り出すことを得意とする。公益性を加味した理念を軸とする協会事業開発、組織資源を活用した新規事業開発、価値の再定義からつくりだすリブランディングに定評がある。

自分が携わるプロジェクト開発の現場で使っているオリジナルメソッド、「顧客視点88の質問」、「ブランド構築8つのステップ」や、対話の環境づくりの基盤となる「5グランドルール」などは教育研修やコンサルティングを通じ、新しい価値をつくりだす会議現場で活用されている。

2013年、そのノウハウを活かしたイノベーションカードを開発。デキル。株式会社を発足し、ファシリテート技術、イノベーションデザインの仕組みを伝えている。その仕組みを活用し、地方創生プロジェクトや、小学生の考える力を育てるイノベーション授業を推進している。


書籍、メディア実績も多数
日本実業出版社「結果を出す会議に今すぐ変えるフレームワーク38」(執筆/自著)
講談社Biz「お客の心に飛び込め」(制作協力)
講談社Biz「ゲリラ・マーケティング進化論」(制作協力)
SMBCコンサルティング実務シリーズ「あなたのお客はだれ?」(執筆)
商業界2009年6月号「超顧客視点発想法」(執筆)
商業界2009年10月号「問題解決型人間の育成」(執筆)
近代セールス1008号「プロフェッショナルに聞く」(取材インタビュー)
AERA(アエラ)「脱・不機嫌で仕事力アップ」(取材インタビュー)
NHK首都圏ネットワーク(日記最前線特集:取材)
NHK東海ほっとイブニング(東北支援事業開発:取材)

共に歩む仲間たちと励まし合い、刺激を受ける環境

イノベーションの旅は孤独ではありません

特典内容
  1. 特製会員証
  2. 小野ゆうこの知識と経験のお裾分け的「小冊子」一冊プレゼント
  3. 年1回の共有大会への参加資格
  4. facebookの非公開グループへの招待:過去の共有大会の様子などを閲覧できます

こんな方が対象です

  • 経営者またはマネージャー
  • 新規事業を開発したい人
  • とにかくブレイクスルーしたい人

イノベーション・ジャーニーはここが違う

  • 同時に旅をスタートした多様な業種/業界の仲間との交流がある
  • その仲間の旅に刺激を受ける
  • 最後には共有大会で旅の成果を共有し合う
  • 事例からの行動改善ではない! その人自身の地図を描くことが目的

トラベラーの声

懇親会も含めて、全てがためになる時間

有限会社アクセル 代表取締役 ブランドアドバイザー 齋藤 秀峰 様

齋藤 秀峰 様

有限会社アクセル
代表取締役 ブランドアドバイザー

イノベーションジャーニーとは?
豊富な道具と経験、発想をもったナビゲーターゆうこりんが、自分が求めている旅のゴールとその行程作りをアドバイスしてくれる。
イノベーション・ジャーニーに参加したとき、どんな気持ちでしたか?
最初はワクワク・ドキドキ、手探り感満載のスタートでした。
途中は重い課題もあったりして、しんどい時もありましたが、何とか乗り越える事で見晴らしの良いところにたどり着いた感じもありました。
最後は早く実行したくてたまらないって感じになります。
まるで楽しい登山ですね!
6ヶ月のイノベーション・ジャーニーで感じたことは?
物事を、どんな観点で捉えるべきなのか?
言葉の意味や定義、ちょっとした言い回しの違いがコンサルには重要であること。
拡散と絞り込みの繰り返しが前に進める時に重要であること。
こんなことを感じました。
6ヶ月のイノベーション・ジャーニーで得たことは?
課題はクライアントの物であり、解決方法もクライアントの中にある。自分事にする。
それをうまく引き出すための手順と道具が重要である。
一番気持ちの良いもの一つに絞り込むことが重要。そこから勝手に広がっていく。
共有大会について思うことを教えてください
共有大会に向けて資料をまとめ、プレゼンをすることで思いが深くなりました。
伝わることと、伝わらないことが理解できて、
他の人の発表も、事業の組み立て方自体も勉強になるうえ、質問をする練習にもなります。
懇親会も含めて、全てがためになる時間です。

自分の可能性が広がっている実感

株式会社イー・フードビジネス・サポート 上田 逸平 様

上田 逸平 様

株式会社イー・フードビジネス・サポート
代表取締役

イノベーションジャーニーとは?
マーケティングやブランディングについては言うまでもなく、経営理念の具体的な作り方・浸透の仕方といった経営の根幹、さらには、発想力の磨き方のような個人スキルに至るまで幅広い分野について、単なる知識ではなく、どうあるべきか、どうすべきかを自分で考える力が身に付く夢のような取組み。
イノベーション・ジャーニーに参加したとき、どんな気持ちでしたか?
何か自分の新しい可能性が広がりそうなワクワクした気持ち。
6ヶ月のイノベーション・ジャーニーで感じたことは?
想像した以上に自分の可能性が広がっている実感、まだまだ、もっともっとできるという確信。
6ヶ月のイノベーション・ジャーニーで得たことは?
当初複雑に絡んでいた「自分のやりたいこと」「顧客に提供できる価値」「実際に自分の能力でできること」が霧が晴れるように整理された。
後は迷わずにやるだけという状態になった。
共有大会について思うことを教えてください
取組テーマは別々であっても、それぞれが大きく進化されていることを実感し、刺激になり喜びあえる幸せなひと時。

お申し込みはいますぐオンラインで

人数制限がありますのでお早目に

料金体系
セッション 単発 定期 6か月集中
仕様 全1回70分 3か月1回×年4回 月1回×6か月
料金 10万円 36万円 60万円
入会金
永久会員費
5万円
初回総額 15万円 41万円 65万円

※料金はいずれも税別となります。

お申し込みの流れ

  1. お申し込みフォームから依頼相談内容を簡単にご記入ください
  2. 事前打ち合わせメールによるやり取り
  3. 入会金/会費のお支払い事前振込をお願いいたします
  4. 日程調整
  5. セッションの実施

お申し込みはいますぐこちらから!

フォームに必要情報をご入力の上、「確認ボタン」をクリックしてください。

★の項目は必須です。